Home » 新着情報, 阿波座製品開発室 » 【開発室・第1回】パイオニア台車PIII-702パーツセット

【開発室・第1回】パイオニア台車PIII-702パーツセット

2013年05月30日 category : 新着情報, 阿波座製品開発室 

本日より始まりました新コーナー、『阿波座製品開発室』。
発売に向けて鋭意制作中の製品をチラッとご紹介いたします。

第1回の今回は『パイオニア台車PIII-702パーツセット』です。
南海電鉄様から発売されております、鉄道コレクション『南海6000系』。
この素晴らしい商品のパイオニア台車を更に実車に近づける為のパーツです。
南海電気鉄道株式会社商品化許諾申請中


まず商品は、エッチング製台枠パーツと、ホワイトメタル製ブレーキユニットパーツとロスト製ボルスタアンカーパーツを組み合わせる構成となっています。
これらのパーツを先に組み立ててから、元からあるモールドを削った台車へ貼り付けます。


貼り付け例です。パーツの厚みがありますので、製品のモールドは結構深めに削ってから貼り付けます。


ブレーキ部分のアップです。ブレーキディスクのサイドにある放熱フィンも再現。
細かいモールドになっていますので、厚くなって目詰まりしないように塗装してください。
塗装後、ディスク部分を磨きあげると、実感的な金属色が現れます。


実際に車体に取り付けてみました。製品との違い、お分かりいただけますでしょうか。
ちなみに上が製品のまま、下が加工済み品でボディーはクレオスのMr.カラーSM04「スーパーステンレス」で再塗装し、当店オリジナル床下機器&インレタを取り付けています。


左が製品のまま、右が当パーツを取り付けた台車です。
ボスルタアンカーを別パーツ化しておりますので、シャープな印象になります。

発売時期ですが、先日もお知らせいたしました通り、7/7に東京で開催される第19回JNMAフェスティバルにての初売を目指して開発中です。
価格は4両分で6,300円を予定しています。パーツ数が多くなり、少し高めになってしまいましたが、その分精巧な出来で自信を持ってお届けできる商品となりそうです。

初回の開発室は以上です。いかがでしたでしょうか?
次回もJNMAフェスティバルで新発売の製品をご紹介する予定です。
お楽しみに!

当店オリジナル商品取扱店

Copyright(c) 2013 レールクラフト阿波座 All Rights Reserved.